CodeZine

CodeZineで書いた記事のリスト

ますます便利になるPHPの新機能を探ろう!

ますます便利になるPHPの新機能を探ろう!一覧
CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。
各回記事
より使いやすくなったPHP 8.2の新機能──関数の改良やデータベースサポートの変更を中心に紹介
 第2回では、関数の改良とデータベースサポートの変更について主に紹介します。まずは、callable構文の一部の削除について紹介します。次に、8.1から続くMySQLの使い勝手の向上について紹介します。その他、乱数、UTF-8エンコードとデコード関数の廃止をはじめとする関数サポートの変更、センシティブパラメータのための...
1年ぶりにリリースしたPHP 8.2──気になる新機能は? 型やクラス定義の強化ポイントも解説
 第1回では、PHP8.2における型やクラス定義に関連する強化ポイントを主に紹介します。まずは選言的標準形について、8.0と8.1で導入されたUNION型と交差型を絡めて紹介します。そして、定数式中のenumプロパティの使用について、8.1で導入された列挙型と絡めて紹介します。その他、readonlyクラスとreado...

【C#で知っておくべき新機能】最新バージョンを徹底解説!

【C#で知っておくべき新機能】最新バージョンを徹底解説!一覧
CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。
各回記事
https://codezine.jp/article/detail/17486
https://codezine.jp/article/detail/17135

Modern C++入門

Modern C++入門一覧
CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。
各回記事
かつての当たり前が通用しない? Modern C++ではやらないこと
 21世紀に入ってまったく別物と言えるプログラミング言語に進化したC++。本連載では、ModernC++と称されるC++について、ModernC++らしい言語仕様をピックアップし紹介していきます。第1回は、かつてのC++の当たり前が今では通用しないことを紹介します。たとえばインスタンスの生成にnewを、破棄にdelet...

.NET 6でASP.NET Core

.NET最新版でASP.NET Core一覧
CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。
各回記事
https://codezine.jp/article/detail/16317
https://codezine.jp/article/detail/16254
.NET 6でASP.NET CoreのRazor PagesによるMVVMパターンを理解する
 本連載では、マルチプラットフォーム化が進む.NETと、そのWebアプリケーション開発フレームワークであるASP.NETCoreの全体像を俯瞰します。前回に続き、サーバサイドのページレンダリングエンジンであるRazorPagesを取り上げます。今回は、Scaffoldingによって追加されたCRUDページのソースファイ...
https://codezine.jp/article/detail/15906
.NET 6でASP.NET CoreのRazor Pagesアプリケーションを理解しよう
 本連載では、マルチプラットフォーム化が進む.NETと、そのWebアプリケーション開発フレームワークであるASP.NETCoreの全体像を俯瞰します。今回から2回にわたり、サーバサイドのページレンダリングエンジンであるRazorPagesを取り上げます。前半にあたる本稿では、テンプレートからアプリケーションを作成して、...
ASP.NET Coreとは? .NETの全体像から概要や特徴、サブフレームワークの違いを理解する
 本連載では、マルチプラットフォーム化が進む.NETと、そのWebアプリケーション開発フレームワークであるASP.NETCoreの全体像を俯瞰します。初回は、.NETの全体像と、そのWebアプリケーション開発フレームワークであるASP.NETCoreの概要とサブフレームワークを紹介します。また、実際に開発を行っていくた...

【完結】Railsによるクライアントサイド開発入門

Railsによるクライアントサイド開発入門一覧
CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。
各回記事
Rails 7でリアルタイムWeb開発! Action Cableの応用とRails 7.1の新機能について
 連載第8回と第9回では、ActionCableを使ったリアルタイム通信機能を持ったアプリケーションの開発について紹介します。後半となる今回は、第8回で作成したチャットルームアプリの機能強化の事例を紹介します。また、近くリリースが予定されているRails7.1の新機能について、注目されるものを抜粋して紹介します。
Rails 7でリアルタイム通信を実現! Action Cableの基本をチュートリアルとともに理解しよう
 連載第8回と第9回では、ActionCableを使ったリアルタイム通信機能を持ったアプリケーションの開発について紹介します。前半となる今回は、ActionCableの動作モデルをはじめとした概要、そして基本的な機能を持ったチャットルームアプリの開発について紹介します。
簡単にWebサービスの柔軟性が向上! Rails7のAPIモードの使い方をサンプルを通して学ぶ
 連載第7回では、JSONベースのWebサービスを開発するRubyonRailsAPIを紹介します。この回では、クライアントサイド開発におけるRESTfulなAPI開発の意義に触れたあと、RailsAPIによるWebサービスの開発の概要、ミドルウェアの紹介、基本的なアプリケーションの作成について紹介します。
Rails 7で簡単にSPA開発! Turbo StreamsとJavaScript利用を支援するStimulus
 連載第6回では、Railsアプリケーションのデフォルト構成であるHotwireを使ったSPA(SinglePageApplication)の開発について紹介します。後半となる今回は、TurboStramsによるページの自由自在な書き換えと、より洗練されたJavaScriptの利用を支援するStimulusを解説します...
Rails 7×Hotwireで簡単にSPA開発! Turboの基本をチュートリアルとともに理解しよう
 連載第5回と第6回では、Hotwireを使ったSPA(SinglePageApplication)の開発について紹介します。前半となる今回は、JavaScriptによるコーディングをほとんど必要としないTurboの基本的なアプローチを理解します。
Rails 7で簡単にCSSフレームワークを導入! Tailwind CSSとBootstrapを活用したチュートリアルで学ぶ
 本連載では、2021年12月にリリースされたRubyonRails7にフォーカスし、クライアントサイド開発のためのさまざまな機能を、API開発やリアルタイムWeb開発も絡めながら紹介していきます。連載第4回は、第2回と第3回で作成したReactアプリに、cssbundling-railsを使ってCSSフレームワークを...
https://codezine.jp/article/detail/16059
https://codezine.jp/article/detail/15973
Rails 7におけるクライアントサイド開発の全体像とアセット管理の新たな選択肢
 本連載では、2021年12月にリリースされたRubyonRails7にフォーカスし、クライアントサイド開発のためのさまざまな機能を、API開発やリアルタイムWeb開発も絡めながら紹介していきます。連載初回は、Rails7におけるクライアントサイド開発の全体像についてです。アセットパイプライン、SprocketsやWe...

開発用エディタのド定番「VSCode」を使いこなそう

開発用エディタのド定番「VSCode」を使いこなそう一覧
CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。
各回記事
開発の定番「VSCode」とは? インストールから使い方までを解説
 連載初回は、VisualStudioCodeのあらましを紹介し、macOSとWindowsを例にしてダウンロードとインストールを行います。日本語化を施したあと、画面構成の簡単な紹介を行い、HTMLファイルを作成する/開く/編集する/保存する/閉じるという一連の流れで基本的な使い方を紹介します。

 

タイトルとURLをコピーしました